夏といえば江ノ島。

海といえば江ノ島。

 

やっぱり江ノ島ですよね!

 

ここは夏になったら必ず行きたいビーチのひとつでもあります。

もはや日本でも有数の知名度を誇る江ノ島海岸ですが、江ノ島付近には、

 

「片瀬西浜・鵠沼海水浴場」

「片瀬東浜海水浴場」

「腰越海水浴場」

 

と、海水浴場が3つあります。

今回は片瀬西浜・鵠沼海水浴場について、海開きの日を確認していきましょう。

 

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

 

 

片瀬西浜・鵠沼海水浴場はビーチの長さが1kmにもおよぶ広々とした海水浴場で、予想される人出は165万人とも言われてる壮大すぎる海水浴場です。

「湘南」のイメージぴったりの片瀬海水浴場は、「東洋のマイアミビーチ」とも呼ばれ、多くの海水浴客で賑わう、日本で一番メジャーな海水浴場!

片瀬海岸そのものは、遠浅な浜辺のため波静かで泳ぎやすく、海の家の施設も充実しております。


スポンサーリンク


チェックポイント

・湘南のビーチでもっとも混み合うビーチです。

江の島を眺められるので人気がありますが、渋滞もすごいので電車をおすすめします。

・富士山も見渡せます。

・東浜とは違い外洋からの波が高く押し寄せるのでサーフィンを楽しむサーファーが多いことでも有名です。

・騒音と飲酒・喫煙などで毎年のように海水浴場の条例が変更されています。

 

基本情報

 

 

 

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

ビーチサイズ:長さ1020m、奥行150m

海の家:あり(25軒前後) 料金::大人1500円、子ども800円(2016年)

シャワー:海の家を利用

更衣室:海の家を利用

トイレ:あり(仮設)

監視・救護所:あり(8~17時)

レンタル:浮き輪、パラソル、サマーベッドなど

磯遊び:不可

マリンスポーツ:不可

バーベキュー:不可

禁止事項:キャンプ、個人単位での花火、バーベキュー


スポンサーリンク


片瀬西浜・鵠沼海水浴場2018年の海開きはいつ?

 

 

片瀬西浜・鵠沼海水浴場は例年7月初旬に海開きが行われています。

2016年度は7月1日に海開きが行われました。

 

 

交通アクセスと地図を参考に、ぜひ行ってみてください!

 

まとめ

片瀬西浜・鵠沼海水浴場の海開きの時期について書いてみました。

海水浴のシーズンにはかなりの人が押し寄せる海岸です。

それだけに、それぞれの人がマナーを守って、みんなが楽しめるようにしたいですね!

せっかくの江ノ島です。

気持ち良く海水浴しましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

なお、最新情報は必ず海水浴場への連絡でご確認ください!

 

夏に向けて体の準備は済みましたか?

夏は薄着になる季節ですし、特に海水浴は水着ですよね。

そうなると気になってくるのが体毛だったり、日焼けだったりします・・・。

 

 

 

正直、自分でも嫌になってきますよね。

これだと夏のレジャーを楽しむことができませんし、何よりも見た目が・・・。

 

自分でも分かってるけど、なんとなく面倒くさいと感じてる人はほとんどではないでしょうか?

でもそれじゃあダメ・・・!

これからの夏に向けて、まだ何も準備していないなら手軽にできる対策がありますよ。

脱毛ならこちら

 

 

水着を着るなら、普段目の届かない背中なんかは特に注意した方が良いですよ。

見えない分お手入れが・・・。

 

また、夏のレジャーで気になるのは日焼けです。

ひどいと火傷のようになってしまいますし、そうなると肌が・・・・!!!

でも日焼け止めクリームって汗で流れちゃうし、海やプールだとすぐ取れちゃいますよね。

だから面倒になって止めちゃうのですが・・・、そんなときにおすすめなのはこちら。

⇒ インナーパラソル16200 for UV

 

これは日傘サプリと呼ばれている、「飲む日焼け止め」です。

これだとクリームを塗りなおす必要もないですし、肌を整える成分も入っているので夏の肌対策はバッチリです。

 

これらで夏を乗り切りましょう!

 

 

 


スポンサーリンク