日本でも夏前に海開きをする海水浴場があります。

時期的にはゴールデンウィークに合わせた海開きですが、これはかなり早いですね!

しかも場所は関東ですから、みんな行きますよね~。

本格的な夏を前にして、ウォーミングアップといきたいところ!

 

そんなナイスな海は、関東は千葉県にある、

 

九十九里浜海水浴場

 

ですよ!

ここでは、九十九里浜海水浴場の海開きとアクセスや駐車場情報をまとめていきます!

 

九十九里浜海水浴場

九十九里浜の中央部に位置する、九十九里町の中心地にある海水浴場です。

波は少々荒めですが、遠浅の砂浜が延々と続のでマリンレジャーには抜群のロケーション、シーズン中には15万人程の海水浴客が訪れるスポットとなっています。

パラソルで埋め尽くされる夏期の海水浴シーズンはもちろん、海岸によってはサーフィンなどのマリンスポーツも盛んです。

九十九里浜海水浴場には、

 

「作田海岸」「片貝中央海岸」「不動堂海岸」「真亀海岸」

 

の4つの海岸があります。

これらはいずれも九十九里浜にあるので距離は離れていません。

よく聞かれる「九十九里浜海水浴場」とは、

 

片貝中央海岸

 

のことを指します。

 

 

片貝中央海岸は千葉県を代表する人気のビーチで、通称「波乗り道路」とよばれる九十九里有料道路の入口に位置するアクセスもかなり良く、大勢の海水浴客で埋め尽くされます。

なお、ビーチサイズ 長さ1030m、奥行100mとなっています。


スポンサーリンク


基本情報

(地図上の★印が各海水浴場になります)

片貝海水浴場

住所:千葉県山武郡九十九里町片貝

TEL:0475-76-9449(九十九里町観光協会)

交通(電車):JR東金駅九十九里鉄道バス片貝行きで25分

(バス停:西の下下車徒歩5分)

交通(車):東金九十九里道路九十九里ICから県道30号経由4km10分

駐車場:あり(1200台)有料

ホームページ:http://99kankou.com/

片貝海水浴場設備

海の家:9ヶ所(オープンは7/1~)

シャワー:海の家以外3ヶ所

更衣ロッカー:海の家以外なし

トイレ:海の家以外6ヶ所

磯遊び:禁止

マリンスポーツ:禁止

バーベキュー:禁止

禁止事項:車の乗り入れ・キャンプ


スポンサーリンク


駐車場について

十九里町では、不動堂海岸、片貝海岸、作田海岸に町営駐車場を設置しています。

営業期間:通年

(土・日・祝日および海水浴場開設期間(7月・8月)は有料)

利用時間:6:00~18:00

駐車料金などはこちらから。

 

海水浴場の駐車場に止めることができれば良いのですが、なかなか不安な方にはこちらの駐車場検索を使うと解決するかもしれません。

場所によっては予約も可能なのでぜひ使ってみてください。

⇒ akippa

 

九十九里浜海水浴場2018年の海開きはいつ?

 

 

九十九里浜海水浴場は4月29日に海開きを迎えます。

 

ゴールデンウィークの始まりに海開きされるので、相当早いですね!

 

交通アクセスと地図を参考に、ぜひ行ってみてください!

 

まとめ

九十九里浜海水浴場の海開きと、アクセスや駐車場情報についてまとめました。

かなり早い時期から海開きされるので、最初はそこまで混雑しないかと思います。

ただ、夏本番になると半端ないくらい混んでしまので、事前に情報をチェックしておきたいところ。

夏を充分に楽しむためには情報収集ですよ!

海の季節を楽しみましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

なお、最新情報は必ず海水浴場への連絡でご確認ください!

 

夏に向けて体の準備は済みましたか?

夏は薄着になる季節ですし、特に海水浴は水着ですよね。

そうなると気になってくるのが体毛だったり、日焼けだったりします・・・。

 

 

 

正直、自分でも嫌になってきますよね。

これだと夏のレジャーを楽しむことができませんし、何よりも見た目が・・・。

 

自分でも分かってるけど、なんとなく面倒くさいと感じてる人はほとんどではないでしょうか?

でもそれじゃあダメ・・・!

これからの夏に向けて、まだ何も準備していないなら手軽にできる対策がありますよ。

脱毛ならこちら

 

 

水着を着るなら、普段目の届かない背中なんかは特に注意した方が良いですよ。

見えない分お手入れが・・・。

 

また、夏のレジャーで気になるのは日焼けです。

ひどいと火傷のようになってしまいますし、そうなると肌が・・・・!!!

でも日焼け止めクリームって汗で流れちゃうし、海やプールだとすぐ取れちゃいますよね。

だから面倒になって止めちゃうのですが・・・、そんなときにおすすめなのはこちら。

⇒ インナーパラソル16200 for UV

 

これは日傘サプリと呼ばれている、「飲む日焼け止め」です。

これだとクリームを塗りなおす必要もないですし、肌を整える成分も入っているので夏の肌対策はバッチリです。

 

これらで夏を乗り切りましょう!

 

 

 


スポンサーリンク