毎年7月になると楽しみなことがあります。

それは・・・、

 

海開き!

 

です。

暑い夏が来ると一気に開放的な気分にもなりますし、行動しないともったいないですよね!

伊豆の海は綺麗ですよ!

 

今回目指す海は、静岡県の下田にある、

 

白浜海水浴場

 

です。

ここでは、白浜海水浴場の海開きとアクセスや駐車場情報をまとめていきます。

 

白浜海水浴場

 

 

白浜海岸には2つ海水浴場があります。

ひとつは白浜中央海水浴場、もうひとつは白浜大浜海水浴場です。

ここでは、白浜中央海水浴場について書いていきます。

白浜中央海水浴場

白浜海岸の最も北に位置し、約700mの白い砂浜と青い海の組み合わせが美しい、穴場ともいえる海水浴場です。

その澄んだ水は日本の水浴場88選、快水浴場百選に選ばれるほどです。

 

おすすめポイント

・ホテルから水着で行けてコンビニも目の前。

また、海の家がなくて人も少ないのでゆっくりするにはおすすめ。

・岩場と砂浜の両方があり、海で泳ぐことも磯遊びも可能です。

・波がゆるいところと激しいところが分かれていて、色々遊べます。

・バーベキューも可能で、さらに必要な道具はレンタルを行っているので、食材や食器を持って行けば問題ありません。

水道施設も無料です。

 

注意ポイント

岩の上は場所により岩がゴツゴツしてたり海苔で滑りやすくなっているので、滑り止めの付いた足全体を守るようなサンダルがあると磯遊びもしやすいです。


スポンサーリンク


基本情報

 

白浜中央海水浴場

住所:静岡県下田市白浜

TEL: 0558-22-5240(伊豆白浜観光協会)

交通(電車):伊豆急行下田駅からバスに乗り約15分 白浜海岸下車徒歩1分

交通(車): 東名高速道路沼津ICから約120分

駐車場:93台(1500円~)

ホームページ:http://izu-shirahama.jp/


スポンサーリンク


駐車場について

白浜中央海水浴場が管理している駐車場は93台程の駐車が可能で1台1日1500円です。

海水浴シーズンになるとこれでは足りなくなり、早めに行かないと駐車できなくなってしまいます。

 

・レスポ白浜の駐車場

⇒ http://www.resort129.com/resupo/top.htm

・長田区駐車場

⇒ http://izu-shirahama.jp/beach/beach_nagata.html

 

他にも、海岸沿いの道路にはたくさん駐車場があるようです。

駐車場検索にはこちらが便利です!

場所によっては予約も可能なのでぜひ使ってみてください。

⇒ akippa

 

白浜中央海水浴場2018年の海開きはいつ?

 

 

白浜中央海水浴場は例年7月中旬に海開きを迎えます。

2016年度は7月16日でした。

 

交通アクセスと地図を参考に、ぜひ行ってみてください!

 

まとめ

白浜中央海水浴場の海開きと、アクセスや駐車場情報についてまとめました。

駐車場はたくさんあるようなのですが、やはり早めに行くのが良いと思います。

ここは綺麗な海岸ですので、ルールを守って綺麗なままで保つように心掛けましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

なお、最新情報は必ず海水浴場への連絡でご確認ください!

 

夏に向けて体の準備は済みましたか?

夏は薄着になる季節ですし、特に海水浴は水着ですよね。

そうなると気になってくるのが体毛だったり、日焼けだったりします・・・。

 

 

 

正直、自分でも嫌になってきますよね。

これだと夏のレジャーを楽しむことができませんし、何よりも見た目が・・・。

 

自分でも分かってるけど、なんとなく面倒くさいと感じてる人はほとんどではないでしょうか?

でもそれじゃあダメ・・・!

これからの夏に向けて、まだ何も準備していないなら手軽にできる対策がありますよ。

脱毛ならこちら

 

 

水着を着るなら、普段目の届かない背中なんかは特に注意した方が良いですよ。

見えない分お手入れが・・・。

 

また、夏のレジャーで気になるのは日焼けです。

ひどいと火傷のようになってしまいますし、そうなると肌が・・・・!!!

でも日焼け止めクリームって汗で流れちゃうし、海やプールだとすぐ取れちゃいますよね。

だから面倒になって止めちゃうのですが・・・、そんなときにおすすめなのはこちら。

⇒ インナーパラソル16200 for UV

 

これは日傘サプリと呼ばれている、「飲む日焼け止め」です。

これだとクリームを塗りなおす必要もないですし、肌を整える成分も入っているので夏の肌対策はバッチリです。

 

これらで夏を乗り切りましょう!

 

 

 


スポンサーリンク