沖縄の海開きは早いです。

本州などの本格的な海開きを待たずして海に入ることができます!

 

早く海に入りたい!

 

そう思ってる人には最適ですね!

そんな沖縄の海の中でもひときわ輝く「竹富島」のビーチと海開きの日をご紹介しますよ!

 

コンドイビーチ

 

 

コンドイビーチはまぶしいほどの白い砂と透き通った青い海が美しいビーチです。

ビーチから見えるのは小浜島、後ろを見ると西表島まで見え、コンドイビーチ自体もよくCMで使われているとか。

ビーチ自体は遠浅でほとんど波がないため、海水浴には絶好のポイントです。

のんびりと時間を過ごすのに最適な場所ですよ!

 

チェックポイント

・水中シューズがあるとより楽しめると思います。

・遠浅のためシュノーケルには不向きですが、小さい子連れにはうれしいところ。

・なまこが多い。

・売店、自販機、レンタルはありません。

 

アクセス

竹富東港→コンドイビーチ(約2.3km)

自転車12分程、徒歩40分程

集落(新田観光・竹富観光水牛車乗り場)から約1.4km(自転車7分程)

カイジ浜から約800m 自転車だと4分程

巡回バス

竹富東港→集落・カイジ浜経由→コンドイビーチ

コンドイビーチ→集落経由→竹富東港 最終PM4:55発

(ビーチ発の場合は要予約)

アイヤル浜

 

 

竹富島の東側にあるビーチで、石垣島を一望できる朝日のビューポイント!

ここが潮流が速いため遊泳は禁止されているので静かに海を眺めるには最適です。

とにかくボーっとするには最適ですね◎

 

チェックポイント

・ここは綺麗な日の出を観ることができます。

・道が舗装されていないので、レンタサイクルで行くと何度もくじけそうになりますが、その分とても美しいビーチです。

・ここのビーチも遠浅なので泳ぐことはできません。

・シャワーやトイレなどもありません。

アクセス

住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富

TEL:0980-82-5445 (竹富町観光協会)

公共交通機関:竹富港徒歩10分

駐車場:なし

カイジ浜

 

 

カイジ浜は有名なコンドイビーチの隣で自転車で3分ほどのところにあります。

ここは潮の流れが速いので遊泳は禁止となっていますが、海が綺麗で木陰もあるのでのんびりするのによいビーチです。

ここの最大の見所は砂浜の「砂」です。

手のひらに浜辺の砂をつけてみると、可愛らしい星砂がいっぱいついてきますよ◎

 

 

チェックポイント

・中央から歩くと30分はかかるので、自転車を借りた方が早いです。

・砂をよく見ると星の形になっていて、その通り「星砂」と呼ばれています。

・海水の透明度もとても高いく綺麗で、砂浜のヤドカリなどを見ているだけても楽しかったです。

・シュノーケル、海水浴はできないのでご注意ください。

・シャワー・トイレ・休憩所はありません。

アクセス

竹富東港→カイジ浜(約2.7km)

自転車14分程、徒歩約50分

集落(新田観光・竹富観光水牛車乗り場)から約1.4km(自転車7分)

コンドイビーチから約800m(自転車約3分程)

巡回バス

竹富東港→集落経由→カイジ浜(約5分)

カイジ浜→集落経由→竹富東港 最終PM4:55発

(ビーチ発の場合は要予約)

 

竹富島の海開きは?

上に挙げた3つのビーチは全て竹富島にあるもので、海開きも共通です。

竹富島の海開きは2018年3月となっています。

3月中旬だと本州はまだ寒いですからね。こんな早くに海に行けるのはうれしい限りです!

 

まとめ

竹富島のビーチと海開きについてまとめました、

ここのビーチは泳ぐことを目的に行くのではなく、ひたすらのんびりするのが良いですね。

たまにはそんな過ごし方も良いと思います。

綺麗なビーチで海を眺めるのって、意外と楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいますよ◎

ぜひ行ってみましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

なお、最新情報は必ず海水浴場への連絡でご確認ください!

 

夏に向けて体の準備は済みましたか?

夏は薄着になる季節ですし、特に海水浴は水着ですよね。

そうなると気になってくるのが体毛だったり、日焼けだったりします・・・。

 

 

 

正直、自分でも嫌になってきますよね。

これだと夏のレジャーを楽しむことができませんし、何よりも見た目が・・・。

 

自分でも分かってるけど、なんとなく面倒くさいと感じてる人はほとんどではないでしょうか?

でもそれじゃあダメ・・・!

これからの夏に向けて、まだ何も準備していないなら手軽にできる対策がありますよ。

脱毛ならこちら

 

 

水着を着るなら、普段目の届かない背中なんかは特に注意した方が良いですよ。

見えない分お手入れが・・・。

 

また、夏のレジャーで気になるのは日焼けです。

ひどいと火傷のようになってしまいますし、そうなると肌が・・・・!!!

でも日焼け止めクリームって汗で流れちゃうし、海やプールだとすぐ取れちゃいますよね。

だから面倒になって止めちゃうのですが・・・、そんなときにおすすめなのはこちら。

⇒ インナーパラソル16200 for UV

 

これは日傘サプリと呼ばれている、「飲む日焼け止め」です。

これだとクリームを塗りなおす必要もないですし、肌を整える成分も入っているので夏の肌対策はバッチリです。

 

これらで夏を乗り切りましょう!